シンプルな空間から生き方は多様化する。

生活スタイルは今後も変わっていく。

私が建築設計に関わらせて頂いてから四半世紀。その間に日本人の生活スタイルは大きく変わりました。また今後も変わっていくだろうと思います。それを踏まえてこれからの生活スタイルに合わせた住まう空間の設計のご提案をいたします。建物こそ常に時代の変化に追従できる柔軟性を持つべきだと思います。その土地や既存の建物のポテンシャルを最大限に活かしながら個性的ななるほどと思えるものにいたします。基本的な核となる形を積極的にご提案させて頂きながらより良い住まいとなるよう一緒に考えて作っていきます。蓋を開けたらびっくりするようなことはありません。ただいい意味で驚いてほしいとは常に思っています。また敷居もそれほどは高くないところを目指していますので潤沢な予算はない、でも情熱だけは負けてないという方も是非お声を掛けてみてください。きっとお力になれると思います。柔軟性のある建物とは変化に追従できる間取りを持っていること。家族が増える、或いは古いクルマを手に入れたのでガレージと居間をなんとかしたい。家を建てるからあきらめることはありません。趣味の釣りは続けてください。趣味があるから生活にハリが出ます。家族が増えれば責任感が増します。ひょっとしたら私のように独立してそこで店舗を構えたいなんてこともあるかもしれません。まずはどんな人でどんな趣味でどんな夢を持っていますか。一緒に私とやりませんか。スケルトンインフィルな建物の使い方、ちゃんとご提案します。


附加価値のあるリノベーション住宅へのこだわり

リノベーション+コンバージョンをして[倉庫]→[住宅]へ。思うことは結構単純だし簡単そう。でも係る法規制はクリアしなければなりません。だから意外と難しいというか面倒臭い。都市圏ならリノベに特化した専門の会社もありますが地方では中々ハードルが高いのが現状です。私の事務所がお役に立てるかもしれません。ご予算と生活スタイルをお聞かせください。お話しによって優先順位の結論から場合によっては新築の方がいいかもしれません。一緒に考えます。古い事務所ビルを利用してガレージ+住宅にする場合なども構造にもきちんとこだわるなら新築より予算に優しい筈。それでも使い方や方法を間違えると割高になることもあります。まずはご相談ください。躯体は新築の場合と違い築年数によって構造基準が違うことが普通にあります。きちんとリスクは回避したいもの。その上で住まい方の楽しい住宅をご提案します。リノベーション+コンバージョンの場合は実は用途が住宅の古い木造の建物よりも鉄骨造の倉庫や事務所、鉄筋コンクリート造のビルを利用する方がありだったりします。いい物件を見つけたと思ったらご相談してみてください。そこから一緒に関わります。


附加価値のある新築住宅へのこだわり

山が背面にあり築年数不明のカルバートが躯体の一部として残り官地が敷地の半分を占める。だから土地の価格は近隣の相場よりも安い。掛かる法規制が多岐に渡るためにハウスメーカーや設計が無料の工務店は大変リスクが高いために二の足を踏むかも知れません。なぜならその敷地形状に合う「標準パターン」がないから。やめろと言われるかこっちもびっくりするような価格のお見積りが上がってくるかも。設計事務所としてプライドの高い私たちはそういう土地を見ると顔がにやける人種なのです。実はそこでしか見えない景色をみて心昂ります。ハードルが高いほど燃えます。そこに住む姿があきらめきれなかったら是非声を掛けてください。またガレージのご提案も多いのが私どもの事務所の特徴でもあります。フェラーリのガレージの設計も経験させて頂きましたし最近では小豆色の117クーペのためのガレージ併設住宅も竣工しました。ガレージのある家vol6に自宅が載っていますので是非私どもの事務所で一読してみてください。にやけた私が煎れた珈琲が出るかもしれません。なのでハウスメーカーさんがこの予算ではガレージは贅沢だからあきらめてくれ、或いはこれしかできない、今ならエアコン1台サービスで付けるからハンコを押してくれと言われても腑に落ちないと感じたら、ん?そういえばと私どもの事務所を思い出してください。きっとお役に立てると思います。私の下積み経験から用途は住宅に限りませんし木造も鉄骨造も鉄筋コンクリート造もその土地と生き方にあったご提案をします。